石油コンビナート等における自衛防災組織の技能コンテスト 2020「総務大臣賞」を目指す 精鋭たち
 石油コンビナート等ではひとたび災害が発生すれば被害が甚大なものとなることから、事業所に防災要員や消防車両等を備えた自衛防災組織が置かれています。

 消防庁では、自衛防災組織の技能及び士気を向上させ、石油コンビナートの防災力を強化することを目的とした技能コンテストが平成26年から実施されており、当社防災隊が率いる防災センターにおいては平成28年から参加しています。


 令和2年度については、全国の消防本部から推薦された30の組織が新型コロナウイルス感染症の影響から予選会なしの本選撮影に臨み、上位15組織が表彰されました。

 3密になりがちな訓練は感染予防対策を徹底した当防災センター員が訓練を重ね12月4日に発表された結果は、総務大臣賞の受賞はなりませんでしたが2年連続の奨励賞「消防庁長官賞」を受賞し12月21日、新潟市消防局にて伝達式が行われました。


 その本選の競技の様子はこちらをクリックしてご覧ください。


※「石油コンビナート等における自衛消防組織の技能コンテスト」につきましては、下記、総務省消防庁ホームページ内をご覧ください。
総務省|「令和2年度石油コンビナート等における自衛防災組織の技能コンテスト」の結果および総務大臣表彰式の実施(soumu.go.jp)

 

戻る


copyright(c)2001 KITANIHON-BOUSAI-KEIBI all rights reserved.